page_list

Mar 14, 2016

在外選挙のパンフレット

在外選挙のパンフが毎年更新されてるようで諸手続きを今年のを頂いた。

すごく綺麗で、とてもわかり易い説明のパンフレットだった。 以前WEBで見て手続きした時にはこんなにわかりやすくなかったんだけどなー。

よくよく考えてみると、毎年更新するということをこまめにメンテするということで、コストのかかる保守作業ですね。

WEBとパンフを比較するとなぜパンフレット側の方にコストを落とすんだろうとふと不思議になった。

やり方さえ間違わなければ、WEBで更新する方が安く上がる、影響は出やすいと思うのだけれど。

とりあえず思いつく限りでパンフレット側に投下する理由を考えておしまいにしておく。

  • パンフレットを刷る方が安上がり
  • WEBで確認する人のほうが少ない
  • WEB側の方は既に十分わかりやすく整備されている
  • WEBの更新はとてもリスクが高い
    • 更新に必要な知識・作業が多すぎる
    • 上記を補える人材がいない(これはなさそう。領事部の人達、仕事早いし作業時間・勉強時間の確保も十分可能そう)

Mar 2, 2016

写真屋さん

ベルリンに来て驚いたのが証明写真販売機が全く動かない点。

とりあえずよくあるのはカメラの前のハーフミラーが落書きされていてお金払って証明書に使えないクソみたいな写真がもらえる。

今回経験したのは、Stadmitteの警察署内のもので、どんなに頑張っても証明写真の枠からはみ出すという最高に無駄な写真生成器。

出てきた写真に愕然。

とりあえず写真屋さんでもとってくれるだろうとその場で探して14ユーロ払うかー、証明写真に2000円かーと泣く泣く反対側をみたら8ユーロと割安な写真屋さんがありました。




日曜日はさすがにやってないようですが、とても愛想のいいトルコ人のおばちゃんで、お勧めです。